2016年03月

ロングウィッグで2段クルリンパをしてみました
image1
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

Q1.ウィッグは毎回洗わないとだめ?

A.ウィッグの毛には人毛のようなキューティクルがないので、
使うたびに洗うと表面が擦れ、逆に毛が傷んでしまうことがあります。
基本的にはお手入れ用のスプレーとブラッシングだけで充分です。
表面の汚れが目立ち、べたついてきたような感じがしたら洗ってください。
また、整髪料などを使った場合は洗う頻度を少し増やしてください。

Q2.ウィッグを使った後の手入れはどうすればよいですか?

A.ストレートの場合は静電気の起きにくい固くて平らなところにウィッグを置き、
【ウィッグ用スプレー】をたっぷり使い、頭の部分を押さえて毛先からブラッシングします。
このとき、抜け毛を防ぐつもりでそっとブラッシングすると、かえって静電気がおきやすくなるため絡みや抜け毛の原因になります。
やや力を入れて強めにブラッシングしてください。
また、ブラッシングしている間に、スプレーが乾いてしまうことがあるので時々再度スプレーしてください。

ゆるいウェーブの場合は、スタンドなどにウィッグを乗せ、
同じように【ウィッグ用スプレー】をたっぷり使って全体を湿らせてからブラシで一束ずつ丁寧に整えます。
ウェーブは強くブラッシングすると取れてしまうことがあるので少しずつ丁寧にお手入れしてください。
強いウェーブ、たてロールなどの場合はブラッシングすると、巻きが崩れてしまうことがあるので、
スタンドなどに乗せ、【ウィッグ用スプレー】をたっぷり使ってから、
指先で巻きを一束ずつ整えてください。
どのスタイルも、最後にスプレーを完全に乾かしてから保存してください。

ウィッグ

ロング4ロング4ロング2ウィッグロング1







ウィッグQ&A アイロンについて ウィッグお手入れ デートにウィッグ
ウィッグ専門
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

短いほうがいい

ウィッグの抜け毛を抑えるには、毛が抜けにくい商品を選ぶことから始めましょう。
ヘアの長さは、短いほうがいいです。
ロングタイプは、ブラッシングをするときに毛に強い力が加わりやすく、抜け毛を誘発しやすいのです。
カールが付いている場合も、カールが引っかかって抜けてしまうことがあります。

使用頻度は・・・。

使用頻度は、多いほど抜けやすくなります。
毎日使用する方は、複数のウィッグを用意しておくこと良いです。
1つしか所有していないと、頻繁に洗うことになり、すぐに傷んでしまうでしょう。
メンテナンス用のスプレーを使えば、毛をサラサラ状態にできますが、
同時に毛にダメージも与えてしまいます。
固まりになる前にシャンプーで洗うようにしましょう。

ドライヤーは・・・。

ドライヤーは温風よりも冷風のほうがダメージを軽減できます。
一番よいのは自然乾燥です。
タオルで水気を拭き取ったら、別のタオルの上に置いて自然乾燥させます。
濡れた状態でウィッグスタンドに置いてしまうと、カールが弱くなることがあります。

フルウィッグ

円すいロング2ウィッグロング3ロング4







ウィッグQ&A アイロンについて ウィッグお手入れ デートにウィッグ
ウィッグ専門
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ストレートアイロンが無かったので、円すいでぐしゃぐしゃになったウィッグをストレートに戻してみました!

image1

めっちゃ綺麗にストレートになったぁ~

元はストレートウィッグだったんですけど、円すいでカールをつけたんです。
でも、日にちが経ってきてグシャグシャになったので、
ストレートになるかなぁ~?と思って
やってみました!!
思ったより綺麗になってビックリです!!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ウィッグの悪い所は??

お客様1
●テカリがあると不自然
●適度にブラッシングが必要
●夏は蒸れて着けれない


お客様2
●保管に面倒くさいので使い捨て感覚で安くて良いウィッグを買う。


お客様4
●地毛との馴染みが悪いと浮く
●夏は蒸れる
●テカリや旋毛部分に違和感


お客様5

ウィッグの欠点で多い

●夏は暑くて蒸れる
●手入れが大変
●テカリがあると不自然…。

この3つがみなさん、気にされているようですね…
(>_<;) 確かに、暑い時にフルウィッグは蒸れますが、みつあみや編みこみでアレンジしてまとめてしまえば、
平気☆なんて方もいらっしゃいました♪
お手入れは、ウィッグ専用スタンドを使用いただけると、型崩を防止し、髪が絡まらずに収納できるので、
着用前にぐちゃぐちゃっていうのは回避できます♪
ウィッグのテカリは、裏技ですが、
『制汗スプレー(8×4など…)をまんべんなくスプレーする!!』
制汗剤のパウダーがウィッグについてテカリが抑えられます!!
いい香りもするし、おすすめです☆
メイク用のお粉でも代用可能!!パフで表面にポンポンたたいてつけてみてね♪

いろいろなデメリットはありますが、みなさんからのご意見や、アイディアを参考にウィッグを楽しんでください♪♪♪

フルウィッグ

ロング2 ウィッグロング3ロング4ウィッグロング1







ウィッグQ&A アイロンについて ウィッグお手入れ デートにウィッグ
ウィッグ専門
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ