2015年10月


サイト移動

ウィッグは自毛よりもほつれやすいです。
使用後に放置しておくと、固まりができやすいので、しっかりとブラッシングをしておきましょう。
保管するときは、ウィッグネットやスタンドを使用してください。

シャンプーをする前には、軽くブラッシングをしておくと固まりが取れやすくなります。
ブラッシングをしても固まりが取れない場合は、無理に行わないことです。
洗面器に水(ぬるま湯)とシャンプーを入れて、そのなかにウィッグを入れてつけておきます。
洗うときは押し洗いが基本になります。
ゴシゴシと擦るとベースを傷めてしまうので注意が必要です。
ほつれが取れないときは、軽くブラッシングをすれば取れます。

シャンプーは週1回程度でもいいですが、スタイリング剤を頻繁に使用する方は、頻度を増やす必要があります。
ロングタイプほど固まりやすいので、しっかりとケアしてください。

耐熱性のウィッグならば、ヘアアイロンでほつれを取ることも可能です。
ドライヤーの熱風で真っすぐにすることも可能ですが、ブラシを入れるときは注意してください。
トップの部分から一気にブラシを入れるのではなく、毛先から少しずつブラシを入れて、徐々にトップに移動させていくのがコツです。
サイト移動
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


サイト移動

ウィッグといえば医療用であったり、高価でとっつきにくいイメージがあったけど、

最近では様々なカラーやスタイルのおしゃれ用ウィッグが安価で購入でき、ちょっとしたイメージチェンジが出来るし気軽に使用できるから便利


こちらのウィッグ詳細は画像をクリック!!
ボブ
ボブ


パーマやカラーリングをしたくてもアレルギーなどがあってできない人や、

一生懸命セットしても髪質の問題やボリュームが少ないせいで思い通りのヘアスタイルにならないという人にもお勧めです。


こちらのウィッグ詳細は画像をクリック!!
ロングロング




同一人物で同髪型なのに、髪色が違うだけでガラリと印象が変わりますね。




ロングロング


また、エクステタイプや前髪ウィッグなどの部分用ウィッグもあり、
カラーバリエーションが豊富なので、
自分の髪の色とうまく合わせればウィッグと気付かれることもありません。


こちらの前髪詳細は画像をクリック!!



こちらのエクステ詳細は画像をクリック!!


頭頂部にボリュームがなく悩んでいる人や、雨の日に前髪がうねって困るという人には、気になる部分を自然にカバーしてくれ、同時にイメージ チェンジもできるとても便利なアイテムですょね。

最近はウィッグ専門のネットショップもたくさんあるので、お気に入りのウィッグがすぐに見つかります。


サイト移動


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ウィッグに必要なもの
 

画像タップでピンチインアウト可

ウィッグに必要なもの
 
購入はコチラ
 

画像タップでピンチインアウト可

他にもこんなアイテムが役立つ
 
ウィッグ講座メニュー
 
サイト移動
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ウィッグに必要なもの★ウィッグの基本講座★
 

画像タップでピンチインアウト可

シャンプー方法ウィッグお手入れ方法に欠かせないのが静電気防止ブラシですネ。^^
静電気はとてもウィッグを傷めます。(´;ω;`)
そこで静電気防止ブラシならウィッグを傷つける心配が要りません。( ´∀`)

詳しくはこちら
 

画像タップでピンチインアウト可

保管方法裏技!?ウィッグ二重乗せ!!
スタンドはこちら
 

画像タップでピンチインアウト可

スタッフの保管方法スタッフの収納方法^^必要なものは全てすっぽり入るカラーBOXがオススメ
★見せるインテリアです★^^v
 

ウィッグ講座メニューウィッグ基本講座メニュー
 
サイト移動
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

     
ウィッグに必要なもの
 

画像タップでピンチインアウト可

ウィッグの着用方法
 

画像タップでピンチインアウト可

キャップ式ポイントウィッグの着用方法
 

画像タップでピンチインアウト可

クリップ式ポイントウィッグの着用方法
 
ウィッグ講座メニュー
 
サイト移動
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ