ストレートヘアだけじゃ物足りないし、
かといって急にはきれいな巻き髪を作るのが難しいですよね。


きれいな巻き髪を作るちょっとしたポイントですが、
巻く前日にはトリートメントをしたり、
オイルを塗って髪にうるおいを補っておくと良いです。
髪が傷んでいたり、
パサついたままだとアイロンの熱で髪の水分が奪われるので乾燥してきれいな仕上がりにならないんです。


ロングヘアでしっかり巻いて大きくカールさせたい人には、
大きいロットのヘアアイロンがおすすめです。 32mm 38mm
肩より上でボブの人には、
ロットの小さいヘアアイロンがおすすめです。 19mm 25mm
軽く小さめなゆるふわカールが作れるので、
短めの髪でハーフアップをする時に便利です。


私は、小柄で髪が多くて広がりやすかったのですが、
最初は良く分からず大きいロットのアイロンで巻いてはカール全体が広がりすぎて上手に巻けず、
大変な事になっていました。
そこで、髪を多めにすいて巻きやすい髪をつくった後で、
小さいヘアアイロンを使うと簡単に巻ける様になりました。


基本は左右前後同じ向きにアイロンで巻くことですが、
特に、短めの髪の人は向きを変えず、
ヘアアイロンを途中で細かく角度を変えて斜め向きにしながら巻くと良いと思います。
カールがつきにくい時は、髪をスプレーで固めながら巻いていくときれいになります。


手軽に髪型を変えれるアイロンで、今年の夏はヘアアレンジを楽しみましょう。